空前の惨禍に学ぶ

突然来るのです!必ず!

自然が来るのです。

首都直下地震で、死者はおよそ2万3,000人、1万6,000人は火災で死亡。けが人12万3,000人、避難者数は720万人に達すると想定されています。

南海トラフ地震で、死者は32万人を超え、経済被害も220兆円を超える。太平洋岸は最大で30メートルを超える巨大津波が押し寄せる。避難する人の数は最大で950万人。およそ9,600万食の食料が不足です。

復興費用20年間・2,000兆円

日本は世界の最貧国へ凋落します

経済崩壊・社長たちの決断・

精神の空洞が生まれます。

社長や富裕層は海外逃亡です

社長たちを説得

今から始める

助け合いの訓練です

政治家は国家グランドデザインをかたれるか?

新型コロナヴィールスでは国家なしです

未来図(1)

コンクリート文明から脱皮

徹底的に人工知能を活かし、一人一人の人間とタッグする「新人間ロボ社会」を実現する

少子化・高齢化社会はホモゼウスにとって素晴らしきパートナーとなります。人工知能をプラトフォームとする公平で平等で安定的な「地表のような知能組織構造」を基礎とする社会の実現です。

 

自然の力により20世紀的技術システムを破壊してくれたことをプラスとして、21世紀以降のベースを作るのです。個別企業の競争社会は古い競争となると思います


暗黒の未来(2)


利益主義の経営者は巨大移民を呼び込むのでは

巨龍は国家独裁資本主義

理念なき日本資本主義は飲み込まれます

最悪未来も!コロナを乗り斬った龍は戦闘態勢を強化して日本を飲み込むでしょう

 

中国・韓国・その他の民族が大量に移住してきます。

米国も参加するでしょう

が、日本は二国に挟まれた廊下トンビ国となります

これを歴史的には、 民族の消滅といいます。

利益が上がればいいとシャープのような企業が続出します。

伊藤忠商事のような中国至上主義商社が幅を利かせます。

資本主義は国家と民族の争奪戦なのです。

それは自由主義と独裁主義の「イデオロギー戦争」なのです

理念なき日本人の未来を選ぶ時が「自然の災禍」とともに訪れます




新日本人になる時です・チャンスは1回です




世界の特殊民族だからこそ未来の可能性は無限だと思います

日本人とは日本列島にしか住んでいない民族です

 

日本人の特性は
①主語+述語+動詞で話します
➁前例を重要視+整然と繰返す
③自然の驚異と恵みに感謝する
④ハ百万神々に自然と合掌する
⑤天照大神と天皇に感謝をする
⑥世界と違うという意識がある
⑦日本ラクビーに感動した
⑧大谷翔平に未来を感じる

学習法の手順書です

戦略的リーダーの育成

学び合いの手順
未来経済構造を震災後立ち上げるための準備、


「思考回路のイノベーション」要約 この「チーム・ダブル・ループ・防災学習法」(以下、TDLBという)とは『思考回路のイノベーション』」で、今まで各自が蓄積した永年のナレッジを再度新しい思考回路で見直すことです。

 

思考法は、国土、言語、民族、国家、教育や生活の中で固定化します。

この思考法を変える

 

この固定化を新しい課題の解決を通して、イノベーションすることが、新たな危機や時代に対応する手助けとなることを目指しています。


 ●本概要(本書)、TDLB学習法が「思考回路のイノベーション」であることを示したものです。
1、TDLBのマニュアル概要、
2チーム・ダブルループ防災学習法
3、神谷昭のハザード辞典等

下記は以前お送りしたもので「学習用資料の一部です」重複するものもあます。

事前のハザードは社員のハザードです。

社員たちは時間的自由と自由な発想を停止していますからそのカギを開けます

 

 

地表観測の知識

 

 

社員活性化は利益向上

 

 

チームはさらに渦潮となる

 

 

学び方はいたって簡単

 

 

古い方には米軍戦略で学ぶ

 


若い人には映画
プライベート・ライアンで学ぶ

 

 

現代史
日本組織の失敗
インパール作戦から学ぶ

 

 

こどものイジメ
改善の方向違いです

 

 

日本ラクビーは
いい例ですチーム

 

 

大谷翔平の考え方
これこそ世界基準
日本人でいけるぞ

大谷で大リーグが変わる

 

大谷のすごさは「勇気」

個を磨いてチームに貢献彼は世界基準です

 

 

・100万人防災社会づくり、・MEGA地震予測、・建物所有者の備え、・耐震化の備え、・自分の命を守り備え、・地域の水の備え、・画期的防災学習法、・渦巻式ダブルループ学習法、・社員で学ぼう防災学習などです。

●予定

■第Ⅰ部 総論編TDLB学習概要に取り組むために「トレーニング課題」をチーム編成して行うプロセスです。チーム編成を行いまう

■第Ⅱ部 プロセス編TDLB学習の実践は、「チーム編成」で「共有するテーマ」を選定します。チーム共有とは構成員の有する「新しいデータ、新しい情報、新しい知識、新しい知恵、新しい発想」などによる「気付き」の共有化です。この工程が「プロセス」編とまります。

■第Ⅲ部 テーマ編当面のテーマは、防災の概念の修正です。震災前対応が防災ですが、防災の中心課題は「震災後の社会、会社、個人の生活等」をどう立て直すかのビジョン作成です。戦後のビジョンなしに戦争を始めることは無謀です。同じく、地震災害は「自然との戦争で日本では繰り返し起こっています」から、災害後の復興ビジョンこそ、今回の巨大地震対策の中心課題となります。故に、新たな危機対して未来志向が行える思考回路のイノベーションが必要と本学習法が提案されています。TDLB展開において、重要かつ緊急を要するものを取上げます。

●付録 本TDLB理解学習成果は、自ら作成して、いつも近くに置き、TDLB学習業務を遂行してください。経営が常に直面する課題に対して有効な思考法になります。御社独自の学習法に育て上げ「活用の独自化、標準化・高度化ベースを築く第三の道の一歩」としてくださることを希望しております。戦略的リーダーによるTDLB新防災をはじめ、実践することで、日本の未来は明るく開けます