イスラエルに学ぶ

福島農業再生の失敗とは?

農地は汚染前に復旧

放射能を隠す。農地は環境省管轄外なので除染しない。

30から60cm下の土を掘りだして、0から30cmまでの汚染土を埋め戻し、下土と上土を反転させる。汚染土を覆う除染法で農地全てが復旧された。

 

水耕農業「無視」される。

何故、

水耕農業が優れているか?

①農作業のマニュアル化

②AI管理が容易

③放射能を完全に遮断した作物

セシウムは粘土などの土壌粒子に付着

急速沈殿する

水には放射性物質は含まれない。

 

注)原発汚染水中の問題はトリチウムという水と同一のHOからなる物質で原子炉の水から発生するもので、原発事故で飛散したセシウムとは性質が違う。

イスラエルは

世界一の農業国となる

砂漠を緑の農園とした、

基本は水耕栽培である

水の乏しい国だったイスラエル、

今や水の豊かな国となる

日本の水・温泉

再生提案

福島時代の企画ですが湘南や温泉地にも提案します。水WRAP

イスラエルに学び

イスラエルの水技術を日本の水道業者へ普及したい