子供たちの未来(二つの思考学習)

共通項は「利他主義」です。

愛される前に愛せ!です。

 

 

❶防災(いろいろなハザードとあなたのその時の居場所)をイメージ

❷経営(バランスシートと学習での新マーケット)を学びます

❸教育(競争する教わると教わらない協力する学習の成果を比較)を学びます

❹民主主義とはをマンションの運営を比較して学びます。

チーム・ダブル・ループ・学習法でテーマいろいろ試しましょう。シナリオをつくります。

 

イメージトレーニングするだけで脳は整理されます。トレーニングした方々でチームを作ってチームトレーニングします。

エリスの「A・B・C理論」も参考になります

人間の行動はA,B,C,理論で分析されています。Aの出来事に対して、Cは行動ですが、同じ行動ととはなりません。Bの各自の信念(信仰など)によって様々となります。これを、ElliSA(エリス)のABC理論といいます。

したがって、ダブルループ学習では、チームがまず、同一の価値観を共有することから始めます。この価値観を私は、科学性、精神性、共感性、世界性の視点から、話し合いましょうと提案しております。

防災では、「命を守り・命を救う」

経営では、「生々労働・成果拡大」

教育では、「協力授業・成績向上」

共通のテーマ「B」として始めます

手順は

 

そして、

TDLBは理論ですが

行動理論です。

行動を通してバージョンアップします

神谷昭が、東日本太平洋沖海溝地震に起因する福島原発事故の放射能除去処理を行うに際して、300名の作業員を、6名ごとにチーム編成、2チームを組み合わせた。チームは地震ハザード・放射能情報、その対処法の発見を共有した。チームは適時組み合わせを変えイノベーションを繰り返しました。

戦略的リーダーの育成学び合いの手順
未来経済構造を震災後立ち上げるための準備、

「思考回路のイノベーション」要約 この「チーム・ダブル・ループ・防災学習法」(以下、TDLBという)とは『思考回路のイノベーション』」で、今まで各自が蓄積した永年のナレッジを再度新しい思考回路で見直すことです。

思考法は、国土、言語、民族、国家、教育や生活の中で固定化します。この固定化を新しい課題の解決を通して、イノベーションすることが、新たな危機や時代に対応する手助けとなることを目指しています。 

●本概要(本書)

、TDLB学習法が「思考回路のイノベーション」であることを示したものです。

1、TDLBのマニュアル概要、

2 チーム・ダブルループ防災学習法

3、神谷昭のハザード辞典等

4、マンション安心回覧板

下記は以前お送りしたもので「学習用資料の一部です」重複するものもあます。、

・100万人防災社会づくり、

・MEGA地震予測と都心、

・建物所有者の備え、・耐震化の備え、

・耐震化の備え・補助金

・自分の命を守り備え、・地域の水の備え、

・マンション合意形成・ハッピーツギャザー

・シニア防災コンサルタントの耐震サポート

企業用新防災学習について

・画期的防災学習法、

・渦巻式ダブルループ学習法、

・社員で学ぼう防災学習などです。

●予定

・千代田区所在・上場会社社長への願い

■第Ⅰ部 

総論編TDLB学習概要に取り組むために「トレーニング課題」をチーム編成して行うプロセスです。チーム編成を行いまう

■第Ⅱ部 

プロセス編TDLB学習の実践は、「チーム編成」で「共有するテーマ」を選定します。チーム共有とは構成員の有する「新しいデータ、新しい情報、新しい知識、新しい知恵、新しい発想」などによる「気付き」の共有化です。この工程が「プロセス」編とまります。

■第Ⅲ部 

テーマ編当面のテーマは、防災の概念の修正です。震災前対応が防災ですが、防災の中心課題は「震災後の社会、会社、個人の生活等」をどう立て直すかのビジョン作成です。戦後のビジョンなしに戦争を始めることは無謀です。同じく、地震災害は「自然との戦争で日本では繰り返し起こっています」から、災害後の復興ビジョンこそ、今回の巨大地震対策の中心課題となります。故に、新たな危機対して未来志向が行える思考回路のイノベーションが必要と本学習法が提案されています。TDLB展開において、重要かつ緊急を要するものを取上げます。

●付録 

本TDLB理解学習成果は、自ら作成して、いつも近くに置き、TDLB学習業務を遂行してください。経営が常に直面する課題に対して有効な思考法になります。御社独自の学習法に育て上げ「活用の独自化、標準化・高度化ベースを築く第三の道の一歩」としてくださることを希望しております。戦略的リーダーによるTDLB新防災をはじめ、実践することで、日本の未来は明るく開けます