地球ヒッチ旅(一人チャレンジ)

earthilig begining01

ユーラシア大陸2年間のヒチハイク。考え方だけが必要でした。言語の法則を知っておくPlAYBACK to 1965。五木寛之の直木賞、
ソ連・ロシア「モスクワ愚連隊」に登場、① (フィンランド)②(スエーデン)➂(イギリス)④(フランス)⑤(東ドイツ)⑥(ポーランド)⑦(スイス)⑧(イスラエル)⑨ (ギリシャ)⑩(クレタ島)⑪(イスタンブール)⑫(テヘラン・パーラビ王政)⑬親切の精神がインドの大地に生えていた。⑭(タイ)⑮ベトナムは戦場、船内待機。帰国 〇日本人と日本語の特殊性を知る。〇ユダヤ人と西欧と戦争の起源を学ぶ。〇世界語は「水」と知る・・

続きを読む

困っていることを解決する開発発明

021river7

①学生社長・産学ベースに始める。開発&発明とパートナー事業。⓶水と環境で「米国特許」➂水道管と発がん物「非発がん工法開発」(麻生・安倍)結局水道民営化で地球3周分の管路劣化放置、④原発と放射能(旧民主党)農業と山野を捨てる、(自民党)利権政治と汚染水海洋放流へ・日本政治は自滅を選ぶ。⑤考え方を変える・77歳。⑥これから4課題⑦Visionを世界へ⑧地球企業GAFAのnextVisionを提案⑨ET-method思考法を戦略にする⑩日本が変わるのは不可能。核攻撃・人口減による政治体制の変化、又は地球的食料危機で日本が飢える時、変わる。準備する!

続きを読む

水道管発ガン塗料証明

sakebi2

知人の給排水管路再生事業協同組合(通称「水WRAP」)の神谷昭理事長が、こ(国交省・厚労省の縦割り行政を経産省補助金研究で破る)ここ何年も日本の水道管の汚染問題に取組んでいることは、時折の便りで知っていました。「鳥肌の立つようなすさまじさ」水道管路に使われているMDA(メチルジアニリン)が含まれている疑いがあることを聞いていました。京都大学名誉教授/ルイ・パスツール医学研究センター客員教授鍵谷勤

続きを読む

FUKUSHIMA(大震災と原発事故)

SANYO DIGITAL CAMERA

2011年2月11日Mega地震が起きた。原発がメルトダウン。恐怖が日本を包んだ。チャイナシンドロームになるのではと思われた。政府(民主党政権)は取り乱した。日本第二の敗北を「東電一社の責任事故」とした。私の専門から「地震による配管の断裂」による「放射能漏洩」は明らかであった。しかし、原因は津波とした対策が全国的に行われることとなった。2012年福島へ向かう。くまなく車で調査する。まだ、FUKUSHIMAの地は「無人となって」いた。それから4年放射線除去対策に励んだ。しかし、環境省指揮下の除染は「農地・水の底・山野」を見捨てた。自民党の有力議員が利権に走っていた。同時に、福島に巨額な資金が落ち、地元建設業者がピンハネ組合を行政一体でつくり利を貪り、大手ゼネコンが又巨利を得た。「放射線戦争」が「利権がらみの請負」で行われた。日本には民命を守る政治家もいず、行政組織もない。空洞国家であることを私は知った。2022年放射能汚染水が海洋放流されることが決定した。原子炉復旧まで長い年月日本の海は侵され続ける。

続きを読む

千代田区(都心の危機と宿命)

tokyo7

福島後、防災士となり、旧耐震の約260所帯緊急輸送道路に面する九段朝日マンションに住んだ。千代田区は昼100万人で夜間祭日は6万人強の空洞都心だ。6万人の住民の90%以上がマンション住まい。朝日で不在の区分所有者が40%、会社が30%、住んでいる組合員は30%弱で「管理組合が形成」される。白紙委任が中心で運営されている。理事長は不在者で理事のほとんども同様である。私は区内の要耐震マンションとビルを訪問したがほとんど「オートドア」でシャットアウトとなった。区内の上場会社約300社の社長宛に3度防災アンケートをしたが、返答はなかった。区外者は相互に無関心で、又、九段マンション同様、住民間も相互に無関心で、区は防災方法に苦慮していた。千代田区の危機管理指揮系統は「全くない」と言ってよいだろう。もし、万が一、日本が戦時状態となれば千代田区は占領され日本の指揮系統は麻痺すると知った。この国は国の体裁をなしていない。コロナ後は「空白」が更に進み、皇居と首相官邸は、裸となる。

続きを読む

音痴(ガラパゴス化日本人の危機)

SR600,600_ (2)

科学技術館で世界の子供達と接した。20才、1965年、二年のユーラシアヒチハイク時代、最大の衝撃は「日本人は漢字を無料使用」と中国人から言われたこと。スラブ、ゲルマン、アングロサクソン、ラテン、ユダヤ、イスラム、インド人たちと遭遇・「日本人とは何か?」。以来、50年間、「国内に閉じこもって」水事業の傍ら宗教・哲学・歴史・経済学等を学ぶ。実践後は特許で「世界」と語る。日本社会の閉鎖性と特殊性は異様でした。「主語を欠落」させ「結論」は「最後に」ではぐらかす。「忖度」と「西欧の真似」と「その日本化」で成り立っていました。1945年の戦に敗れ「菊と刀」を失う。今はIT言語(英語)で世界は繋がり「日本は世界のガラパゴス」になってしまった。世界の水に溶かせば日本人は「溶けてなくなる」主体無き「お鍋脳」です。政治は利権と世襲ですから・・・自立不能です。日本人は消滅民族になります。子供や若者は「世界の孤児」となる。英語塾と受験塾だけが繁盛しています。

続きを読む

~2050年マンション、地域課題

d2[1]mansio01

マンションは日本の縮図。これ以上コメントなしだが一例。福島事故時、作業員宿舎に中国銀行融資の話。返済は土地で。将来、中国村づくり。真実の話であった。千代田区のQマンション。耐震補強が決まり20から30%売値アップ。売買が活性化。住民に中国人が急増した。マンション管理会社は不動産斡旋や内装リフォームで活況を呈している。平和な時代の国際化なら歓迎だが、国際情勢は逆。利に走る業者には安全保障はない。国土交通省マンション課と管理会社任せのマンション管理には地震と老朽化に加え、大きな政治危機が迫っている。国も都も区も、無関心である。この国を覆う「無関心」こそ最大の危機。

続きを読む

~2050年水農漁ZERO課題

images (1)

私の経営する会社に銀行が「金を返して」と来た。「短期を長期に切替、元本を3年で返す」こと。多くの中小企業が壊滅した。2002 年 9 月にスタートの「竹 中プラン」の執行である。貸付けを強制的に ランク付け、Dは死刑台のエレベーターで産業再生機構へ強制送還した。中小企業、水道・農業・漁業などの多くが貸しはがしにあって廃業した。私の企業の市場分野には大企業や子会社がひしめき、一方、中小企業の産業基盤は倒壊、日本が空洞化しました。2013年、竹中は「インフラの運営権を民間に売却して、その運営を民間に任せる」提言。以降、2017年、水道民営化改正法が成立した。外資系企業が日本の水道事業に参入することにエールを贈る。2018年4月、ヴェオリエが浜松市の下水道事業を受注した。

続きを読む

~2050年多民族国家・新日本人造

2021012602

1945年8月15日、日本は米国に敗れた。自由と民主主義を会得したが、自主独立の精神は失った。これから日本人の人口は世界と逆に急激に減少する。日本人とは突き詰めると「この美しき危険な日本列島に住む人」を「日本人」と呼んできた。縄文人と弥生人たちが一緒になって「日本人となった」ように、平和裏に「日本人を増やす」策をとる。世界と均等に、カラーも取り混ぜて、新しい日本人を創る壮大なビジョンを実行する時が来た。禍福は糾える縄の如し、人間万事塞翁が馬である。人類は苦難に遭遇してアフリカから南米の先端までたどり着いている。地球人になろう。

続きを読む

子供から変わる、earthlingThinking

スライド24

日本人だからできる新世界基準の思考法。西欧人は論理思考、中国人も同様。一歩も引かない。それにユダヤ人の迫害された復讐心と神より選ばれし民の選民思考+金融力とで、世界はいつも戦争へ向かう。「宗教と戦争は不思議にメダルの裏表」である。日本人には理解できない。日本人の今の短所は、これからの世界を救う長所と思う。「和と美」=地球人は寛容であれ!「汝の敵も愛せ」に通ずる。①地球人の視点でVISION 、⓶日本人の役割は大きい ➂脳トレ開始(防災は最適)④例えば、千代田区に来たら ⑤会社の社員だったら ⑥社長を変えるとしたら ⑦地球規模のBjgVisonを創る ⑧富と命の循環する食システム(ビジネスモデル特許)⑨生まれてきて良かった未来

続きを読む

日本文化に根差した食文化の普及

20201122_080918(1)

始める。水・農・漁の和の伝統食材を活かして植物系食事づくり。日本人が出来ることで、個から始めて、ネットワークを作りたい。パートナーと繋がって、発信の言語は、日本語と英語。「SNS]を活用して「特許的開発」も加味したい。令和の恐竜は「菜食型」に変わりました。地球の水不足危機が来ても生きて行けますよ。世界の人たちへも広げたい家庭和食です。私77、妻要介護で74ですから、高齢者用のレシピとなりますが、簡単で栄養があって二人暮らし向きにつくています。毎日のレシピは「japonicaslim.com」に記載します。

イスラエル連合・新キブツ戦略

202012IMG_3864

日本人は日本列島の民。世界に拡散すれば泡のように消える。長い海岸線に閉じ込められた美しき四季と火山たち故に育まれた「八百八十万の神々」。自己を自然に溶け込ませて生きてきた「人類唯一の民・日本人」。数知れぬ自然の災禍を祈りをもって鎮魂してきた。その対極がイスラエル人。この二つの民族が融合すれば世界は新しい世界を発見するだろう。日本再生ウルトラ奇策である。日本列島の各地域で「水・農・漁・教育・技術」の協同・多民族の新天地をつくる。細胞のように小さく始めて増殖すればいい。地方創生・日本創生になる。

投稿はありません。

PAGE TOP
MENU